顎関節症の治療方法とは?

顎関節症の治療は原因を取り除くことが必要です。

悪い癖があるならそれを治す、かみ合わせが悪ければ歯を治すという具合です。

直接的な治療は手術や整体、温熱療法などがあります。

関節の修復のために行う治療法:整体、マッサージ

顎がずれていたり、外れてしまった場合、整体で正しい位置に戻します。

顎関節の矯正や関節円板の矯正も一緒に行われます。

場合によっては、全身のゆがみが原因となっていることもあるので、全身矯正が必要なこともあります。

温熱療法、ホットパック

筋肉のこわばりや凝りが原因となっている時、温めることで血流をよくする治療法です。

血流がよくなることで、痛みを和らげることもできます。

ただし、急性炎症を起こしている場合は、温めることで逆に痛みが強くなる、腫れるという風に悪化するケースもあるので、自分で行う際は注意が必要です。

基本的には、他の治療法と組み合わせて行われています。

手術:関節腔洗浄療法

手術の一つに関節腔洗浄療法というものがあります。

関節包という潤滑油が満たされている中に顎関節は入っているのですが、古い潤滑油が原因で顎関節症になっていることもあります。

その場合に用いられる方法です。

手術と言われていますが、メスを使って切るということはせずに、注射を使って生理食塩水を入れる、抜くというのを繰り返すことで洗浄していきます。

手術:関節鏡手術

治療の場合だけでなく、検査にも使われています。

局所麻酔、全身麻酔を使って手術を行うので入院が必要な治療法です。

関節鏡を入れる前に、関節包に生理食塩水を注入してから行います。

歯の治療

虫歯の治療ではなく、噛み合わせをよくするための治療です。

整体などで正しい位置に戻した後に、歯を削ったり、高くしたりして調節していきます。

歯ぎしりを長年行っている人では、歯が削れてしまい、噛み合わせが悪くなっていることもよくみられます。

マウスピース療法

噛み合わせが悪い人や食いしばり、歯ぎしりなどの癖がある人に行われます。

マウスピースには、プレスチック性と金属製があります。

顎関節症をこれ以上悪化させないための治療であり、根本的な治療にはなりません。

筋弛緩剤の使用

軽い顎関節症の場合は、筋弛緩剤がよく用いられます。

痛み止めの使用

これも軽い顎関関節症の場合に用いられます。

基本的には、治療をせずに痛み止めを使用して自然治癒を待つという時に使われます。

そのため、酷い顎関節症ではあまり使用されません。




このページの先頭へ