顎関節症とは?

顎関節症は、日本顎関節学会の定義によると、「顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括的診断名であり、その病態には咀嚼筋障害、関節包・靱帯障害、関節円盤障害、変形性関節症などが含まれている」となっています。

難しく書かれていますが、簡単に言うと、顎が痛い、口が開けられないなど顎周辺に何等かの疾患や症状が表れた場合、顎関節症と呼ぶということです。

顎関節症は治療をせずに放置していると、慢性化して口が開けられなくなる、しびれを感じる、食事ができなくなるなど、日常生活にも悪影響を及ぼします。

そして、顎関節症は障害が起こっている部分によって4つのタイプに分けられています。

Ⅰ型:筋肉の障害がある場合

筋肉がこわばって硬くなる、血流が悪くなることで痛みを感じるタイプです。

咀嚼筋の周辺が痛くなるのが特徴で、こめかみや頬が痛くなります。

しかし、咀嚼筋には、咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋などがあり、痛みの原因を特定するのが難しいです。

Ⅱ型:関節包・靭帯の障害がある場合

あごを動かすと痛みが起きるのが特徴です。

顎の関節を動かす関節包と呼ばれる部分や靭帯が損傷し捻挫をしたような状態になっています。

Ⅲ型:関節円板に障害がある場合

口が大きく開けられない、口を開ける時にカクカクと音がなるという特徴があります。

関節円板と呼ばれる部分がずれてしまうことが原因です。

Ⅳ型:変形性関節症の場合

顎に強い負担をかける、顎に新しい骨ができてしまった場合のことをいいます。

滑膜炎などの炎症も一緒に起こるので痛みが生じ、口を開けるときにゴリゴリという音がすることもあります。

 

基本的には4つに分類されている顎関節症ですが、この4つのタイプのうち複数が合わさっていることが多くなっているようです。

顎関節症の原因

顎関節症の原因は様々ありますが、主に素因とよばれている顎関節の未成熟や、発症しやすい骨格、歯科治療が原因になっているものと、発症因子とよばれるなんからのきっかけ(強い負荷、打撲など)があるもの、持続因子と呼ばれる症状が長引いている原因の3つがあります。

  • 噛み合わせ悪い
  • 食事の際、片方だけを使って噛む
  • 頬杖をつく癖がある
  • 食いしばりがある
  • 歯ぎしりをする
  • 顎をカクカクならす癖がある
  • 姿勢が悪い
  • 几帳面、こだわり、完璧主義者などの精神的ストレス
  • リウマチ
  • シェーグレン症候群

なども顎関節症の発症や、症状を長引かせている原因となっています。




このページの先頭へ