虫歯の症状とは?

虫歯の症状と聞くと、「歯が痛い」「歯がしみる」「歯に穴があく」ということをイメージすると思います。

しかし、これは結構虫歯が進行した段階で表れてくる症状です。

もっと虫歯の初期段階で気がついていれば、痛みを感じる前に治療をして歯を守ることができるのです。

虫歯にも段階があるの?

歯科検診や最初に歯医者を訪れた時によく耳にする、C0~C4というのは虫歯の段階を表したものです。

この段階に合わせて、経過観察や治療が行われることになります。

C0というのは、エナメル質の状態もきれいで、虫歯にはなっていないということです。

初期段階(C1)

虫歯になると歯が溶けるとい言いますが、最初に溶ける部分は歯の表面を覆っている「エナメル質」です。

「歯の表面が白く濁ってきてるな」と感じたら、それはエナメル質が溶かされている証拠です。

虫歯の始まりと言えます。

この時点では特に痛みも感じませんが、虫歯の初期段階です。

しっかりと予防をすれば進行を防ぐことができます。

初期段階2(C1)

エナメル質が溶かされる段階で、歯の表面が欠ける、黄色~少し茶色に変色するということが見られるようになります。

痛みはまだほとんど感じません。

中期段階(C2)

虫歯になったかも、と気づき始めるのがこの段階です。

エナメル質が大きく溶かされ、歯の内部(象牙質)にまで、虫歯が進行してきます。

自分でも歯に小さい穴や茶色の変色を見つけることができ、冷たいものがしみるようになります。

後期段階(C3)

誰がみても虫歯の状態です。

エナメル質が溶かされ、歯がしみるようになっても、予防も治療もせず放っておくと、虫歯が神経(歯髄)にまで到達して、激しい痛みを伴うようになります。

多くの人が治療を開始しますが、それは痛いからです。

こうなる前に治療をしておけば、ここまで痛くなることも、治療に時間がかかることもなかったのです。

歯周病を伴うことも多く、歯茎が赤く腫れてぶよぶよになる、触ると痛い、血がでるということもおこってきます。

末期状態(C4)

誰がみても虫歯である後期段階になっても、治療をせずに放置しておいた状態で、歯はほとんど溶かされ真っ黒になっています。

こうなると、歯周病を高い確率で合併しています。

また歯がないことで食事もきちんとできない、発音が悪くなる、かみ合わせによる顔の変形がおこるというように、虫歯の痛み以外のところで様々な弊害が出てきます。

治療というよりは、全て歯を抜かないといけないという状態です。




このページの先頭へ