虫歯の治療にはどのくらいの費用がかかるの?

虫歯の治療にかかる費用は、どんな治療が必要なのか?ということで、大きく変わってきます。

また、一般的でないような治療方法を選ぶと保険適用外となり高額になることも多く、治療費はピンからキリまであると言ってもいいでしょう。

それに加えて、虫歯の程度によっても治療期間が異なるので、あくまでもここでお話しする費用は目安と考えてください。

詰め物の場合

比較的虫歯が小さい時に行われるのが、虫歯で削った部分にインレーと呼ばれる詰め物を入れる方法です。

一般的に保険適用の場合、約2000円~4000円程度になっています。

保険が使えるものでは、プラスチック製、銀製があります。

一方、自費(保険適用外)では、陶器のインレーがあり見た目的には非常に良いというメリットがあります。

また、金属アレルギーの人でもアレルギーが起こる心配がありません。

費用は、約1~5万円と保険適用の場合に比べて5~10倍になっています。

差し歯、被せ物の場合

歯科治療では、人工の歯のことを、クラウンと呼びます。

これも、詰め物(インレー)と同様、保険適用のプラスチック製、銀製のものと、自費(保険適用外)のセラミック製、金製、ジルコニア製のものに分けられます。

保険が効く場合は、約4000円~1万円、保険適用外で4万円~15万円程度となっています。

費用的にみると、圧倒的に保険内で治療する方が得ですが、白色のプラスチック製が使えるのは前歯から3本目までと決められています。

ということは、4番目以降の奥の歯では全て銀製になってしまうのです。

また、白色のプラスティック製は、セラミック製などの自費のクラウンに比べると比較的変色しやすいです。

目立たない方が良い、または前の歯は変色を防ぎたいというのであれば、自費での治療の方が費用は多くかかりますが、後々のメリットは大きいと言えます。

根管治療

根管治療は非常に重要な治療で、根管治療で完全に細菌が除去できていないと、上から被せ物をした後に、トラブルが起きることになってしまいます。

通常は、レントゲンや薬剤を使用する費用を含めて約1500円~3000円程度です。

保険適用外の場合では、約1万円~10万円とかなりの差があります。

どちらの場合も、被せ物の費用は別途かかります。

支台築造

歯の土台を作る治療法ですが、保険適用だと、約530円~760円程度です。

この場合、使われるのは、銀、レジン、セメントなどです。

保険外では、金、ファイバーコアを使って作られ、約1万円~3万円程度かかります。

抜歯

歯を抜く治療は、保険適用は通常で約500円~1500円程度かかります。

虫歯治療の費用は、それぞれの治療の組み合わせで決まる

上記の費用は、それぞれの料金です。

例えば、虫歯を抜歯しただけでは治療は完了ではなく、そのあとに支台築造し、被せ物をするなど色々な方法を組み合わせる必要があります。

その上に、初診料、再診料などが加算されます。




このページの先頭へ