花粉症を治療したい場合どんな病院を選べばいいの?

花粉症は市販薬も多く出ているため、病院で治療をしていないという人も多くいます。

しかし、病院で治療をすることは大切です。

病院では、花粉症の原因となっている花粉の特定や症状を抑える治療の他、症状が出始める前に治療を行う初期療法というものが行われています。

初期療法を行うことで、そのシーズン中の花粉症症状を非常に軽くする効果があります。

花粉症の治療は様々な診療科で行われています。

耳鼻咽喉科

くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの専門は耳鼻咽喉科です。

のどの症状にも対応してもらえます。

鼻をつよくかむことで副鼻腔炎や中耳炎を引き起こすこともあるので、一緒に治療ができるというメリットもあります。

すでに毎年花粉症に悩ませられている場合は、初期療法を行うことで症状を軽減することができます。

内科・小児科

内科でも花粉症の治療はしています。

高血圧や糖尿病など基礎疾患がある人は主治医に相談するといいでしょう。

また、最近では子供の花粉症が増えていることから花粉症の治療にも対応しています。

眼科

目のかゆみや充血、多量の涙が出る場合は眼科受診がおススメです。

アレルギー性結膜炎になる可能性もあるので、症状が出た場合は早めに受診するようにしましょう。

また、コンタクトレンズを使用している人の場合、トラブルが多くなるので注意が必要です。

アレルギー科

花粉症以外にもアレルギーを持っている場合は、アレルギー科もお勧めです。

全てのアレルギーに対して治療を行っています。

皮膚の炎症、顔が腫れる人はかなり強いアレルギー症状が出ているので、必ず病院で治療するようにしましょう。

すでに花粉症の人はシーズンが始まる前に治療を始める

病院というと、症状が出てからではないといけないと思っている人が多くいます。

しかし、花粉症の場合は、症状が出始める前に行くことが大切です。

すでに毎年なっている人の場合、症状が出るということは分かっていますので、初期療法を受けることが可能です。

症状が出てから薬を飲むよりも、症状が出始める前に薬を飲んだ方が、症状が軽度で済むということも分かっています。

初期療法の場合、薬の効果は2週間後です。

そのため、シーズンが始まる2週間前には病院を受診し治療を始めましょう。

花粉の量は関係ない?

花粉の季節になると、テレビやニュースでも花粉量予報を出すようになりました。

花粉の量が少ない年は症状も少なくて済む人もいるようですが、少ない花粉でも症状は悪化することがあります。

これは、自分の体内にもっている抗IgE抗体量や蓄積された花粉の量と関係してきます。

今年は花粉の量が少ないからと安易に考えずに、しっかりと初期療法を行うことが大切です。




このページの先頭へ