花粉症はどんな人がなりやすいの?

花粉症は日本人の4人に1人が悩まされている症状です。

花粉症は誰でも発症する可能性があります。

しかし、体質や環境、遺伝によってなりやすいと言われている人たちもいます。

アレルギー体質の人

アトピー性皮膚炎や、喘息(小児喘息)、食べ物アレルギーがある人たちは、花粉症になりやすいと言われている人たちです。

特に、アトピー性皮膚炎の原因の一つであるハウスダストに対してアレルギーを持っている子供は、そのうち約70~80%が花粉症だと言われています。

それに反し、アレルギーのない子供の場合の花粉症発症率は約30%です。

両親がアレルギーの人

アレルギー体質は遺伝が関係していると言われています。

特に両親がアレルギーの場合は、その子供は約90%の確率でアレルギー体質になってしまう傾向があるようです。

しかし、両親にアレルギーがない場合でも、約30%の子供たちはアレルギーになります。

両親が花粉症の人

花粉症もアレルギーの一つであり、抗IgE抗体を作り出しやすい体質が遺伝するということも考えられています。

しかし、全ての子供が花粉症になるわけではなく、アレルギーでない親からアレルギー持ちの子供が生まれるように、親が花粉症でも発症しない子供もいます。

生活が不規則な人

アレルギー反応は免疫機能が異常になっている状態とも捉えることができます。

免疫機能は睡眠不足や不規則な生活、偏った食生活などが招くことです。

そのため、このような生活を送っている人は自律神経の乱れや免疫機能の低下を招き、花粉症にもなる可能性が高くなります。

風邪をひきやすい人

風邪をひきやすい人は、免疫防御機能が落ちています。

抗IgE抗体は風邪などのウイルスには関与しませんが、同じ防御機能をもっています。

抗IgE抗体の過剰な防御機能によって引き起こされるのが花粉症などのアレルギー症状です。

免疫防御機能が落ちているということはこのバランスが崩れているということですから、風邪をひきやすい体質の人は、花粉症になる可能性が高いのです。

30代~50代の人

花粉症は突然発症するように、現在花粉症の人にも花粉症ではない時がありました。

抗IgE抗体は誰でも持っているもので、一定量までの抗体であれば症状を起こしません。

一度作られた抗体は体の中に蓄積されていき、溢れてしまったものが症状を引き起こすと言われています。

その時期が30代~50代に多くなっているようです。




このページの先頭へ