花粉症の治療中は日常生活でどんなことに気を付けるべき?

花粉症の治療には、薬による治療以外にも日常生活で花粉に接触する機会を避けることが重要です。

日ごろから気を付けることによって、症状を抑えることが可能です。

花粉を家の中に入れない

花粉は家の中にも入ってきます。

そのため、充分な注意が必要です。

外から帰ってきたら玄関でコートを脱ぐ、服についた花粉を払ってから家に入る、外着と室内着を分けるなどの工夫が必要です。

また、換気についても注意が必要です。

花粉の強い季節は、洗濯物や布団は外に干さない、換気は早朝や夜に行うという対策をとるといいでしょう。

室内の花粉を除去する

花粉を家に入れない工夫をしても少しは入ってきます。

花粉症の酷い人だと、少量の花粉でも症状が強く出てしまうことがあります。

パワーのある空気清浄機を使う、こまめに掃除をする、ぞうきんがけを行うということで残った花粉を除去することが可能です。

外出時の対策をとる

花粉の強い季節はできれば室内にいるのがベターです。

しかし、ほとんどの人は外に出ないと生活できません。

そのため、花粉症対策として販売されているマスクや防御メガネなどを使用して可能な限り花粉との接触をさけるようにしましょう。

通常のマスクは効果がありませんので、花粉症対策のマスクを使うことが大切です。

また、髪の毛にも花粉がつくので、帽子をかぶるのも効果的です。

セーターなどは花粉が付きやすいので、表面が滑らかな上着などを着用するのがおススメです。

手洗い、うがい、洗顔を徹底する

外から帰ってきたら、手洗い、うがいを徹底します。

顔にもついているので、帰ってきてすぐに顔を洗うのがいいでしょう。

また、目症状が強い場合は目の洗浄をすることが効果的です。

ただし、やりすぎは禁物です。

免疫力を上げる

以上のことに注意していても、体の免疫力が落ちていると症状が強くでることがあります。

バランスのとれた食事を心がけ、睡眠をしっかりとることが大切です。

日ごろから運動をする習慣を身に着けて体力アップをはかることも重要です。

子供の花粉症で注意すること

子供の場合は、かゆいとすぐに目をこすってしまったり、必要以上に鼻をいじってしまうことがあります。

そうすると、花粉症の症状だけではなく、爪で粘膜を傷つけて角膜炎や結膜炎、副鼻腔炎、中耳炎を発症することがあります。

それを防ぐためにはできるたけ症状を抑えることです。

そのため、子供だからと軽視せずにしっかりと病院で治療することが大切です。




このページの先頭へ