花粉症の治療にはどんな薬が使われるの?

花粉症の薬は、どんな症状が出ているかで変わってきます。

内服薬、注射薬、点鼻薬、目薬と種類も様々です。

病院で処方されているもの以外に、市販薬でも多数の花粉症改善薬が販売されています。

抗ヒスタミン薬

花粉症治療では最もよく使われているお薬です。

主に、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどに効果的です。

これらの症状を引き起こしているヒスタミンの作用を抑制させることができます。

以前は、第一世代抗ヒスタミン薬がよく使われていましたが、眠気や口の渇きなどの副作用が強くありました。

今は、第二世代抗ヒスタミン薬の方がよく使われており、副作用は少なくなっています。

それでも多少の眠気を催すことはあるので、運転をする人は注意が必要です。

メディエーター遊離抑制薬

初期療法に使われることが多い薬で、症状を引き起こす原因となるヒスタミン、メディエーターが出るのを抑える作用があります。

薬を使用してから効果が表れるのには、2週間程度かかります。

抗ロイコトリエン薬

鼻づまりがある時に処方されるお薬です。

鼻の粘膜が腫れる原因となっているロイコトリエンが出るのを抑える作用があります。

同じ鼻症状の薬として、抗ヒスタミン薬と一緒に処方されることが多いようです。

プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2薬

抗ロイコトリエン薬と同じような作用を持っています。

効果が表れるまでに、約2週間程度かかることもあります。

血管収縮薬

鼻炎、鼻づまりが酷い場合に処方されます。

血管を収縮させて腫れを抑えてくれます。

点鼻薬となっており、寝る前に1~2回使うことで鼻の通りを良くします。

ただし、使用量が多いと逆に鼻づまりを促進させてしまうこともあるため、使用量は守るようにしましょう。

ステロイド薬

鼻症状、目症状が強い時に用いられるお薬です。

しかし、副作用もあるため使用には注意しましょう。

花粉症の市販薬

花粉症の市販薬は複数でています。

薬を飲んでから症状が軽くなるまで非常に早いものも多く、出先で薬を忘れて症状が酷い場合などには重宝します。

しかし、通常は病院から処方されているものと併用することは危険です。

特に、初期療法を受けている場合は副作用が出たり、お互いの薬の作用で効果がなくなることもあります。

自己判断することは危険ですから、市販薬を使っていた場合は、必ず医師に伝えるようにしましょう。

舌下減感作療法で使われるお薬

スギ花粉症の治療に使われる舌下減感作療法では、標準化スギ花粉エキス(シダトレン)があります。

2014年10月から販売され始めた新しい薬で、どのような副作用があるかはまだ分かっておりません。




このページの先頭へ