腰痛は治療することでどのくらいまで症状を良くできるの?

腰痛にも様々な原因がありますが、治療法も様々です。

自分の腰痛にあった治療法に出会うことができれば腰痛は良くなるでしょう。

整体が効果的な場合

整体は主に、腰骨や背骨を矯正することで良くするため、それ以外が原因のものではあまり効果は期待できないでしょう。

整体によってゆがみが矯正することで、それまで圧迫れていた神経が解放されて痛みやしびれなどの症状を和らげることができます。

鍼灸治療による効果

鍼治療は、鍼で直接凝り固まった筋肉を刺激(刺す)します。

それによって、筋肉がほぐれるので、リンパや血液の流れがよくなって疲れがとれたり、痛みを和らげてくれるのです。

他の整体、カイロプラクティックなどと違い、周りからの刺激ではなく内側から刺激するので、効果は出やすいと言われています。

カイロプラクティック効果

整体と似たようなもので、背骨や頸椎を矯正する治療法ですが、神経への圧迫が減るので痛みを和らげることができます。

ただ、ゆがみが原因以外の腰痛では根本が解決されるわけではないので効果は発揮されません。

運動療法の効果

病院での治療では、ブロック注射や鎮痛剤などによって痛みを和らげてくれます。

しかし、一時的な方法なので継続して行わない限り効果は薄れていってしまいます。

一方、運動療法は持続させることで、腰痛自体を少なくさせる効果があります。

手術による腰痛治療効果

手術は原因そのものを排除させる方法なので、手術が成功すれば腰の痛みとさよならすることができます。

手術が行われる腰痛の原因では、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症があります。

手術を行う前は、注射や運動療法などで様子をみるので、手術は最終手段といったところです。

他の方法が効かない場合でも、手術をすれば状態は良くなります。

腰部脊柱管狭窄症の手術法

  • 椎弓(ついきゅう)切除術
  • 日赤式椎弓形成術(還納式椎弓形成術)
  • 部分椎弓切除術(開窓術)
  • 内視鏡下椎弓切除術(開窓術)
  • 顕微鏡下手術(マイクロサージェリー)
  • 脊椎固定術
  • 日赤式脊椎制動術

腰椎椎間板ヘルニアの手術法

  • 経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)
  • 内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術(MED)
  • 経皮的髄核摘出術(PN)
  • 顕微鏡下手術(マイクロサージェリー)
  • 腰椎椎体間固定術
  • 日赤式脊椎制動術

腰椎すべり症の手術法

  • 自家骨移植
  • 骨癒合

治療効果を発揮するための鍵は神経圧迫解放

腰痛の原因は様々あっても、その根本は何等かの原因で腰や脊椎の神経を圧迫されていることです。

ですから、どんな治療法であっても圧迫から神経を解放してあげることが必要です。

神経の圧迫が解放されてきた時点から腰痛は和らいでいきます。




このページの先頭へ