腰痛の症状とは?

日本人では約80%の人が腰痛を経験しているようです。

自覚症状のある病気やけがでは、毎回1位または2位になっているほどです。

腰が痛いということ以外にも、どんな時に痛むのか?どんな痛みなのか?などといった様々な違いがあります。

また、原因によっても症状は異なります。

運動痛

じっとしていれば、痛みはありませんが動かすと痛みます。

一番分かりやすい例がぎっくり腰です。

動けなくなるほどの痛みが起こることもあり、焦る人が多くいますが、安静にしておいて、痛みが軽減してからの受診でも問題ないようです。

しかし、その他に足や手がしびれるといった麻痺症状や、失禁などの排尿・排便異常がある場合は、すぐに病院受診(整形外科)が必要です。

安静痛

じっとしていても、痛みがある腰痛です。

中でも、急に発症した痛みがある時や、激しい痛みの時はすぐに病院受診(内科)が必要です。

このような場合は、内臓系の病気が疑われます。

原因不明の腰痛

腰痛の中で最も多く、原因が特定できないものです。

慢性化しやすいのが特徴です。

  • だるい
  • こる
  • 腰が重い
  • こわばる

という症状が見られます。

ぎっくり腰

不意な動作で腰を痛めてしまった状態です。

  • 動作の途中に激痛がはしる
  • ぎっくり腰を起こした状態から動けなくなる(固まってしまう)
  • 上半身を動かせない
  • 歩行が困難になる
  • 寝返りが困難
  • 横になっている方が楽

という症状が見られます。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板が脊椎中の神経に触れて、痛みを発症しているものです。

  • ビリッとするような痛み
  • 腰や足先のしびれ
  • 臀部から足にかけての痛み
  • 坐骨神経痛
  • 感覚障害
  • 筋力の低下
  • 排尿障害
  • 冷感
  • 立っているのがつらい
  • 座った状態から立ち上がるのが難しい

などの症状が見られます。

脊椎分離症・すべり症

脊椎分離症のみの場合は、症状を全く伴わないこともありますが、多くの場合すべり症やヘルニアを併発しています。

  • 腰の痛み
  • 下肢の痛みやしびれ
  • 腰が重い
  • 鈍痛
  • 腰をひねると痛みを感じる
  • 長時間同じ姿勢でたっていることが難しい

などの症状が見られます。

共通の症状

腰痛で共通しているのが、腰の痛みですが、急性の場合は放っておくと慢性腰痛になってしまいます。

はじめは軽度の痛みであっても徐々に進行していったものや、急性期が過ぎてから、残った痛みが慢性化するのが原因です。

腰痛は原因不明のことも多くあるため、しびれや腰痛以外の症状が現れていなければ、自宅安静が最も効果があります。

その他の症状がある場合や、痛みが増してくる場合、腰以外にも痛みを伴う場合は、すぐに病院受診が必要です。




このページの先頭へ