腰痛の治療方法とは?

腰痛の治療というと、マッサージをイメージする人もいますが、腰痛は「腰痛症」という病気の一つです。

マッサージは気持ちが良いですが、直後は楽になったような気がしても一晩寝てしまえば元に戻ってしまいます。

ですので、腰痛は病院に行ってしっかりと治療しましょう。

薬物療法

腰痛は、脊髄やその周りの神経を圧迫されていることが原因のものもあり、激痛を伴うことがあります。

そんな時に、痛み止めとして薬が処方されます。

良く使われる薬の種類は、神経障害性疼痛治療薬、消炎鎮痛剤、鎮痛補助薬、ステロイド、オピオイド、麻酔薬などがあります。

ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液と呼ばれる一風変わった名前の薬も鎮痛剤として使われています。

神経ブロック療法

大抵の方が名前は聞いたことがあるかもしれない有名な治療法です。

神経の周りや神経自体に局所麻酔薬を打って、痛みを和らげる方法です。

これで神経が麻痺するので、痛みが神経に伝わるのを防ぐ(ブロック)して感じにくくなります。

薬物療法よりも効果は高いので、病院で神経ブロック注射を打ってもらい、普段は飲み薬という風にして使用されています。

神経ブロックの種類はいくつかあり、首に打つ「星状神経節ブロック」、背骨の下(腰付近)に打つ「硬膜外ブロック」、押すと痛みを感じる部分に直接注射を打つ「トリガーポイント注射」があります。

リハビリ(理学療法)

腰痛は、ただ腰が痛いだけではありません。

腰が痛いと運動もできませんし、酷い腰痛の場合は寝たきりになってしまうこともあります。

そうして動かさなくなると、人間の筋肉はどんどん痩せて弱っていき、関節が固まって動かなくなってしまいます。

それを防ぐために、専門の理学療法士がついて、リハビリをすることもあります。

こちらも、いくつかの方法がありストレッチや筋力トレーニングをする「運動療法」、「温熱療法」と呼ばれる体を温めてほぐす方法、電気刺激をあたえる「電気刺激療法」などがあります。

認知療法

どんな時に腰が痛くなるのか?どんな時は腰が痛くないのか?など、日常生活と腰痛の関係を見直していきます。

そして、腰痛持ちでも何ができるのかを明らかにして、「腰痛だから何もできない」という認識をかえていく方法です。

行動療法

自分ひとりでできる運動を日常に取り入れていく方法です。

軽いストレッチやウォーキングは筋力アップにもなります。

どのくらいの運動量で痛みが発生するのか、どの程度なら動けるのかを把握することもできます。




このページの先頭へ