水虫は治療することでどのくらいまで症状を良くできるの?

水虫は再発しやすいと言われていますが、それは始めの白癬菌が全て死滅していなかった可能性があります。

根気強くしっかりと治療をして完全に白癬菌を死滅させることができれば水虫を治すことができます。

昔なら、水虫は治らないという概念がありましたが、今ではきちんと病院にかかって白癬菌が死滅するまできちんと処方された薬を使っていれば完治させることができるようになっています。

症状が治まるのは早い

一般的に、薬を使用してから約1~2週間でかゆみや赤み、乾燥といった症状は改善されるようです。

しかし、これはあくまでも症状が改善しただけであって、水虫が完治したわけではないので、勘違いしないように注意が必要です。

皮膚のターンオーバーは早くて1ヵ月

体にできた水虫(ゼニタムシ)や手水虫(手白癬)の場合は、皮膚が剥がれ落ちて新しいものに生まれ変わるのに約1ヵ月かかると言われています。

ということは治療も早くて1ヵ月はかかるということです。

また、足水虫(足白癬)の場合は角質層が分厚いため、約3か月というのが一般的です。

爪の場合はさらに長く約6か月、爪が伸びるのが遅い人はそれ以上の期間が必要というケースもあります。

症状が治まるまでに時間のかかる人は?

繰り返し水虫を再発させている人や、治療せずに放置していた人、慢性化してしまっている場合は、症状が治まるまでにも時間がかかります。

範囲が広く、患部がただれている場合は治まるまでに1ヵ月~数か月が必要なこともあります。

早く治療を始めるほど完治するまでの期間は短くて済みますが、基本的のも3~6か月はかかりますので、このような人たちの場合は1~2年もかかる場合もあります。

完治しても再発しやすい人は?

しっかりと治療をしたのにも関わらず再発してしまう人も中にはいます。

そういう人は、水虫になりやすい環境の人です。家族にも水虫がいつ場合、歩いた時に白癬菌が付着したり同じ足ふきマットやお風呂を共有していることで移りやすくなっています。

また、水虫になっていた時の靴を履き続けることも水虫になりやすい原因です。新しい靴を買って履くようにしましょう。

他にも、蒸れるような革靴やブーツを好んで履く人、1日中靴を履いて仕事を行う人も再発しやすくなっています。

一度水虫に感染した場合は、なぜ感染したのかという原因を探って取り除くことが再発予防につながります。




このページの先頭へ