水虫はどんな人がなりやすいの?

水虫になりやすい人にはいくつかの特徴があります。

主に、環境に依存するものと体質によるものとに分けられます。

長時間靴を履く環境下にある人

水虫は湿気の多い場所を好むので、長時間靴を履いていると蒸れて白癬菌の好む環境を作り出してしまいます。

また、感染してもすぐに乾燥したり、洗い流せば水虫にならずに済みますが、靴を長時間履いた状態ではそれが無理なため、水虫を発症しやすいようです。

営業などで外回りの仕事が多い人や、かかとの高いブーツを履く人、最近では塾通いで靴を履く時間が長くなった子供でも発症が多くなっているようです。

ペットを飼っている人

インキンタムシ(股部白癬)やシラクモ(頭部白癬)の場合、動物から感染することもあります。

そのため、ペットを飼っている人は飼っている動物を通して感染する恐れもあります。

銭湯やプールに通っている人

湿気を好む白癬菌は、プールや銭湯にもよくいます。

また、他の人と共用するものも(足ふきマット等)多いので、他の人からの白癬菌が足に付着して感染する確率も高くなっています。

女性の場合、ストッキングを履いている人

女性では、ストッキングを履くこともあると思いますが、日常的に履いている人は注意が必要です。

特に吸水性の悪いナイロン製を履いていると、足や湿気が溜まりやすく白癬菌の好む環境かを作り出してしまいます。

長時間ブーツを履く人も同様です。

免疫力・抵抗力の落ちている人

水虫も菌に感染することで発症しますから、免疫力や抵抗力が落ちていると菌に感染しやすくなっています。

風邪をひきやすい人やすぐ疲れる人も要注意です。

特に糖尿病の方は足の血流が悪くなっているので水虫に感染しやすいばかりか、体内にまで入り込んで悪化しやすくなっています。

足の形に特徴がある人

足の指と指の間の間隔が狭い人は、蒸れやすいので水虫になりやすい傾向があります。

また、偏平足や甲高な足の形も、靴の中で隙間ができにくく蒸れやすいので水虫を発症しやすくなっています。

手や足の裏に汗をかきやすい人

体質的に、手や足の裏に汗をかく人も水虫になしやすくなっています。

このような人は、体質的に体内に水分を貯め込みやすく、大便がベトベトしている、口の中がネバネバしている、手足が重いなどの特徴がみられます。

清潔にしていない人

白癬菌に感染してもすぐに水虫を発症するわけではありません。

そのため、1日に1回丁寧に足を洗い、キレイにしていれば水虫にはなりません。

しかし、仕事が忙しくお風呂に入る時間の取れない人やお風呂嫌いなどで清潔にしていない人は、発症しやすくなっています。




このページの先頭へ