水虫の症状とは?

水虫は痒みを伴うのが一般的な症状ですが、場所やタイプによって症状が変わってきます。

足水虫(足白癬)場合は趾間(しかん)型、小水疱型、角質増殖型3つのタイプに分類されています。

趾間(しかん)型

足の指の間にできる水虫です。

足水虫の中では最も多く、足の皮が剥がれたり、腫れたりします。

皮がむけるのでジュクジュクとただれが生じ、白くふやけることが多くあります。

強い痒みをともなうのも特徴です。

特に足の中指と薬指の間に発症しやすくなっています。

小水疱型

小さい水ぶくれがたくさんでき、かゆみを伴うのが特徴です。

水ぶくれが集まるとかゆみは強くなり、水ぶくれの回りが赤くなることもあります。

主に、足の裏側や皮膚の分厚い分部に発症します。

水ぶくれが破れると感染すると思いがちですが、水ぶくれの中に白癬菌はいないので触っても感染はしません。

角質増殖型

足の裏の角質層が分厚く硬くなる水虫でかゆみはありません。

そのため、水虫でも見逃されることがあります。

乾燥してガサガサしたり、ひび割れを起こすのが特徴です。

この場合、剥がれ落ちら皮膚には白癬菌がおり、触ると感染の恐れがあります。

同時に爪白癬を合併しやすくなっています。

爪水虫(爪白癬)

爪に変形が見られます。

爪が分厚くなり濁る、表面が黄色~褐色色になる、表面がボロボロと崩れる、白い筋ができる、爪のまわりに炎症が起きるといった症状が見られます。

爪の病気の中でも爪白癬の割合は多く、日本人の約10人に1人が発症していると言われています。

手水虫(手白癬)

手水虫の場合は、足水虫に感染した後にそこから移って発症することがほとんどです。

乾燥してカサカサしますが、かゆみをあまり伴わないのが特徴です。

ゼニタムシ(体部白癬)

かゆみを伴い、赤く盛り上がった指針ができます。

銭(小判型)の形や環状の形をしているのが特徴です。

乾燥してカサカサになる、水疱ができる、ぶつぶつができてきます次第に大きくなり周囲に広がっていくので多数表れること多くなっています。

インキンタムシ(股部白癬)

陰部(性器)やおしりにできます。

かゆみを伴い、酷くなると膿が出るようになります。

赤いぶつぶつや水疱ができ、円形状に広がっていきます。

周辺の皮がむけたち、放置しておくと色素沈着を起こすことになります。

シラクモ(頭部白癬)

頭の中に白癬菌が感染した状態で、痒みをともないます。

赤く腫れ達、斑点ができて皮膚が剥がれ落ちるので、フケが大量に発生することも多くみられます。

個人差はありますが、毛髪が抜け落ちることもあるようです。




このページの先頭へ