水虫の治療方法とは?

水虫の治療は、基本的には病院からの診察を受け処方に従った治療をすることが大切です。

しかし、民間療法で様々な治療法も出ています。

また、どの部分に水虫ができたかによっても変わってきます。

外用抗真菌薬を使う場合

足白癬の場合は、外用抗菌剤と呼ばれるかび(白癬菌)を死滅させるための塗り薬が処方されます。

塗り薬といっても、軟膏、クリーム、液状のものがあり、乾燥しているかジュクジュクしているかなどの幹部の状態によって使い分けられています。

基本的には症状がよくなったあとも、白癬菌がいなくなるまでは3か月~6か月は使用を続ける必要があります。

爪水虫以外の手水虫(手白癬)、シラクモ(頭白癬)、インキンタムシ(股部白癬)、ゼニタムシ(体部白癬)などの場合も処方されます。

飲み薬を使用する場合

爪白癬の場合は、塗り薬ではなく飲み薬が一般的です。

塗り薬を塗っても爪が邪魔して奥まで有効成分が届かないためです。

塗り薬よりも効果は早いと言われています。

また、足水虫などの場合でも、乾燥して角質層が分厚くなっているケースやゴワゴワしているケースでは同様に塗り薬の有効成分が届かないため、飲み薬が処方されることもあります。

パルス療法

病院で行われている水虫の治療法で、特に爪水虫の治療法として用いられています。

従来のように飲み薬を毎日飲むのではなく、1週間服用したあと、3週間服用を休止するというサイクルを3回繰り返す方法です。

そのため、服薬期間は合計21日になり、副作用やお薬を飲む手間を省くことができます。

民間療法

民間療法とは、病院に通わずに自分で治療する方法です。

たくさんの方法があり、効果の期待できるものもありますが、水虫の状態や個人差があるので、確実に治るということは言えないようです。

  • 冷水療法

白癬菌は高温多湿を好むため、低温にすることで白癬菌を死滅させようという方法です。

洗面器に氷と水を入れて約1分間足を入れるというのを3回、約2週間程度繰り返すというものです。

  • 酢・木酢を使う方法

酸の強い殺菌効果を治療して白癬菌を死滅させる方法です。

寝る前に酢や木酢を患部に塗るという方法です。

しかし、菌を殺すほどの威力はないという意見もあります。

  • にんにくを使った方法

にんにくに含まれるアリシン成分により抗菌作用を利用した方法です。

患部にすりおろしたにんにくを塗るというものです。

ただし、刺激が強く、かぶれや悪化するおそれもあります。




このページの先頭へ