水虫の治療中は日常生活でどんなことに気を付けるべき?

水虫の治療中に気を付けることは、水虫にならないための予防法と同じです。

また、完治した後も水虫を再発させないために、気を付ける必要があります。

洗いすぎに要注意

白癬菌(水虫菌)はきれいに洗い流すことで発症を防ぐことができますが、洗いすぎも注意が必要です。

必要以上に洗いすぎると、角質がふやけてしまい、白癬菌の好む環境を作り出してしまうからです。

ぬるま湯で足を洗い流した後、足の指の間と足全体をキレイに洗うだけで大丈夫です。

お風呂上りはしっかりと乾燥させることも重要です。

通気性の良い靴を履く

夏ならサンダルや草履、ミュールがお勧めです。

また、一日中靴を履かないといけない仕事の人はできるだけ通気性のいい靴を選ぶことが重要です。

また、1日中履いていると汗や湿気で靴の中がジメジメした環境になっているので、複数靴を用意して交互に履き、しっかりと靴を乾燥させることが予防に繋がります。

靴を洗う

水虫になっている人の場合、靴の中にも白癬菌が住み着いています。

それを履き続けることで、治療をしていても、白癬菌に触れてしまうので洗うことが大切です。

革靴の場合は、新しいものに取り換えるか、靴のクリーニングに出しましょう。

靴下を履き替える

毎日靴下を履き替えるのはもちろんのこと、足に汗をかきやすい人は1日のうちでも履き替えることで水虫の発症を抑えることができます。

その際、吸収性の良い靴下を選ぶようにしましょう。

家族共有のバスマットを避ける

家族に水虫の人がいる場合、また自分が水虫の場合も共有のバスマットを使うことで水虫が他人に移ってしまう可能性があります。

移らない、移さない予防のためにも共有のバスマットを使用しないようにすることが大切です。

床掃除をキレイにする

家族に一人水虫の人がいると、歩いたところに白癬菌が付着している可能性があります。

こまめに掃除をすることが必要です。

足の観察を行う

足は、よく見ようと思わないとなかなか見る機会がありません。

そのため、毎日自分の足を観察して状態が変化していないかどうかを確認することが早期発見に繋がります。

薬は広い範囲で使う

水虫の治療で塗り薬を処方してもらった場合、患部だけではなく患部の周辺まで広く薄く塗ることが必要です。

白癬菌が周りにも付着している可能性があるためです。

症状が良くなっても治療を続けることが重要

薬の使用によって症状が改善されても、数か月は使用を続けることが大切です。




このページの先頭へ