巻き爪の治療方法とは?

巻き爪の治療方法は様々です。

軽度な場合で自分で対処できるものから、手術が必要となるものまであります。

コットン治療法

巻き爪の痛みを軽減させるために行われる治療法です。

コットンを肉が食い込んでいる爪と肉の間に挟みます(コットンパッキング)。

それだけで、痛みを和らげることができます。

病院でもしてくれますが、自分でも小さく切ったコットンをお風呂上りなど、爪が柔らかくなっている時に挟むことができます。

プレート矯正法

プレートを爪にくっつけて、爪の形を矯正する方法です。

プレートには、プラスチック製や形状記憶型合金製などがあり、これらを接着剤を使って爪に張り付けていきます。

治療時間も10分程度で済むというメリットがあります。

ワイヤー矯正法

爪の形を、ワイヤーを使って矯正する方法です。

爪に小さな穴をあけて、そこにワイヤーを通して固定します。

同じように爪の形を矯正するプレート矯正法よりも、矯正力が強いのが特徴です。

しかし、ワイヤーなので靴下や布団などに引っかからないように注意を払う必要があります。

爪が伸びてくる1~2か月を目安にワイヤーの付け替えが必要になります。

ガター法

巻き爪の手術の方法です。

巻き込んでいる爪を切り開いて、チューブを挟み、爪の食い込みを防ぐ方法です。

特に、爪を切り取る必要がないため、他の方法よりも見た目がいいと言われています。

同時に、麻酔も使わない、または少量の麻酔で済むというメリットがあります。

また、保険が適用されます。

フェノール法

フェノールという薬品を使った巻き爪手術の一つです。

巻き爪の生えてくる爪の淵の部分を切り取り、そこににフェノールを塗って爪が生えてこないようにしてしまうことで、巻き爪になるのを防ぎます。

保険適用の方法です。

爪母爪床切除法

巻き爪が悪化し、化膿や激しい痛みを伴う場合に行われる治療法です。

皮膚に食い込んでいる爪をメスで切り取り、その下にある爪を作っている爪母という部分も切除します。

そのあとは、切除した部分を縫合、または自然治癒するまで待つということになります。

爪母を切除するため、今後爪は生えなくなります。

その結果、痛みが起こることはありませんが、爪がない訳ですので見た目的なデメリットがあります。

手術は約30分~1時間程度です。

自分で行う治療ケア

病院で行うのではなく、市販品やネットでも巻き爪対策グッズは販売されています。

例えば、巻き爪ガードクッションなどがその一つです。

このグッズは爪にクッションを挟んで痛みを軽減させるのですが、ほぼコットン治療法と同じです。

ですので、巻き爪治療というよりは、あくまでも症状を緩和させるためのものだと言えます。

巻き爪は、自分で何とかしようとすると、さらに感染を拡大し化膿させて悪化することもあるため、できる限りは病院で受診するようにしましょう。




このページの先頭へ