不妊を治療したい場合どんな病院を選べばいいの?

不妊の治療は、男女問わず産婦人科、婦人科で行われています。

しかし、産婦人科の場合は不妊治療が得意でないドクターがいます。

不妊治療の知識が乏しいドクターには要注意

産婦人科の場合は、出産はもちろん高更年期障害や他の病気など様々な問題を抱えている人が通院してくるので、すべてを診る必要があります。

しかし、すべてに対して専門というわけではないのです。

簡単に説明すると女性特有の病気をひとくくりにして診てくれるのが産婦人科です。

このような機関では、薬の作用を通り越して、不妊治療とは逆効果の副作用が出てしまう薬を処方され続けてしまうこともあります。

このようなことが起こらないように、不妊専門の病院以外での治療を受ける場合は、自分で知識を増やして勉強することも大切です。

産婦人科での受診はストレスにも影響

また当然産婦人科には、妊婦さんや赤ちゃんもたくさんいるので不妊に悩んでいる人にとってはストレスを受けやすい環境でもあります。

そのため、不妊の治療を受ける場合は、不妊専門の病院やクリニックへ行くのがいいでしょう。

不妊外来を設けている病院もあります。

専門の病院、外来ではそうでない病院にくらべると、専門性が高い、治療までの流れがスムーズ、妊娠までの期間が短い、カウンセリングを丁寧に行ってくれるというところが多いようです。

また、不妊の治療は1クール半年ほどかかります。

ですので、早めに受診することが必要ですが、先生が合わないと感じた場合は思い切って病院を変えることもストレスを溜めないためにも必要です。

口コミや紹介を参考にして、待合室が別のところを選ぶ

多くの人は、周りの人からの口コミや紹介、ネットによる情報を参考にしているようです。

いい病院、いい先生の見分け方としては、産科と同じ待合室になっていないか、ということがあげられます。

別になっているということは、不妊の人に対する配慮であり、それだけ不妊治療に力を入れているということの表れだということです。

また、治療の方針を最初に明示してくれるところがいい病院だと言われます。

できれば、一般不妊治療と体外受精、顕微授精まで行っている病院が望ましいです。

治療開始後、体外受精をしたいのにやっていなかった、けれども紹介もしれくれないというところもあるといいます。

どこまでこの病院で治療ができるのか、ステップアップしたいときは専門の先生を紹介してくれるのかということを事前に説明してくれる病院がいいでしょう。

医療スタッフの対応がいいところを選ぼう

そのほか、看護師さんやスタッフが優しい、話をよく聞いてくれる、カウンセラーがいるというところが口コミの評判もいい病院が多いようです。

 

不妊治療は長くかかることが多いうえ、年齢があがるにつれて不妊治療をしても効果が出るまで時間がかかります。

専門でないところを受診すると若いうちの卵を無駄にする可能性もあります。

いい病院、いい先生に出会えることが早く妊娠するためには必要です。




このページの先頭へ