うつ病を治療したい場合どんな病院を選べばいいの?

うつ病の治療は、心療内科、精神科で行われています。

心療内科・精神科専門の病院もあれば、他に内科や消化器科と一緒になっている病院もあります。

最近では病院名に心療内科とか精神科という名前がついておらず、一見して精神疾患の病院とは分からなくしてあるところも増えてきています。

通院へのハードルを下げる要素にもなっているようです。

心療内科と精神科の違いとは?

心療内科と精神科は、同じように思われているようですが違いがあります。

心療内科とは内科というように、身体的にも異常がみられるときの診療科です。

ときに心身症と言われるように、心のバランスが崩れたことによって、めまいや湿疹、頭痛、腹痛、吐き気を伴うことがあります。

これを別の病気ととらえず、心と体の両方から診察していくのが心療内科です。

一方、精神科は特に身体的に異常がない時の診療科です。

本人ではなく、周囲の人が相談する場合は精神科が扱っています。

ですが、通常は「心療内科・精神科」となっているので、通院の際に特に気にする必要はありません。

心療内科の診療対象

  • 消化器系心身症

過敏性大腸炎、機能性胃腸症、心因性嘔吐症など

  • 呼吸器・アレルギー心身症

睡眠時無呼吸症候群、アトピーなど

  • 神経の心身症

頭痛、けいれん、しびれなど

  • 循環器の心身症

起立性調節障害、高血圧など

  • その他の心身症

摂食障害(拒食症、過食症)など

精神科の診療対象

  • うつ病
  • 不安障害
  • 社会適応障害
  • パニック障害
  • 不眠症
  • 強迫性障害

など

心理カウンセラーのいる病院を選ぼう

自分から病院に行く場合は、何か話を聞いてもらいたい、どうにかしてもらいたいという意識があると思います。

心理カウンセラーは愚痴でもなんでも話したいことを全て聞いてくれます。

医師も同じように話を聞いてくれますが、心理カウンセラーの方が話しやすい方が多いようです。

病院によっては心理カウンセラーがいないところもありますので、予約の際に確認してみましょう。

医師との相性

最終的には、医師との相性がポイントです。

うつ病は薬を飲まないと治らないという医師もいれば、できるだけ飲みたくないという人にはどんな風に治療しようか、と一緒に考えてくれる医師もいます。

性格的にも合う、合わない人はいますから、口コミや評判がいいところが必ず自分にいいとも限りません。

病院に行くこと自体がストレスになるので、合わないと感じた場合は、別の病院にも行ってみるようにしましょう。




このページの先頭へ