うつ病の治療方法とは?

うつ病の治療は、薬物療法と精神療法、そして十分な休養の3つの組み合わせで行われます。

初診の場合は、カウンセリング、簡単な心理テストを行うこともあります。

薬物療法

うつ病の薬に対しては、抵抗のある方も多くいるかもしれませんが、うつ病は脳からの伝達物質のバランス崩壊によって引き起こされているので、薬での治療が必要です。

うつ病の薬には、抗うつ剤、抗不安薬などの種類があります。

これらのお薬は、気分の障害を改善するのに効果的です。

その他、吐き気やお腹が痛い、便秘など身体的な症状が出ている場合はそれに対するお薬も処方されます。

うつ病の代表的な症状である不眠に対しては睡眠薬がありますが、寝付きが悪い入眠障害、途中で何度も目が覚める中途覚醒、朝早く起きてその後眠れない早朝覚醒などの種類によって、違うお薬が処方されます。

精神療法

うつ病は、一度なったことがある人は症状がよくなってからも、嫌なことがあった、身近な人の死などで大きなストレスを抱えると再発・ぶり返しを起こしてしまうことがよくあります。

これは、過去の経験と性格が影響しているのですが、精神療法は患者の「ネガティブな発想」「否定的な思考パターン」を「ポジティブな発想」にかえる手助けをしてくれます。

十分な休養

うつ病の治療は、ストレスから解放されることが必要です。

仕事が休めない、子育て・家事を休めないという状態が続くと、人は心身ともに疲れ果ててしまいます。

その結果、うつ病を発症することに繋がりますが、そういった状況下では十分な治療の効果を得ることはできません。

必要と判断された場合は、入院治療が必要になります。

また、場合によっては給食・退職もやむを得ません。

本人にとっては、休むこと=悪い(怠け、自分ができない人間)というレッテルを張られたような気になることもありますが、休むことは大切なことで悪いことではないという意識をしてもらうことも必要です。

カウンセリング

うつ病はこころのバランスが崩れている状態です。

自分が何をしたいのか、どうしたいのかも分からず、モヤモヤの原因が分からずに苦しんでいます。

カウンセリングでは心理カウンセラーが話を聞いてくれます。

何も話せず、30分間同じ部屋にいただけというケースもありますが、カウンセラーが少しずつ話しやすい状態に導いてくれるので、回数を重ねるごとに悩みや自分の話ができるようになってくることが多いようです。

心理テスト

患者さんが現在、どの程度の状態にあるのかということを心理テストの結果である程度分かります。

100%ではありませんが、うつ病の診断の参考になります。




このページの先頭へ