うつ病の治療はどのくらい続ければ効果が出るの?

うつ病の治療は、症状が回復し元の状態に戻るまで時間がかかるのが一般的です。

治療するのが遅れてしまうと、治療期間も長くなってしまいます。

主に治療は終了まで、急性期、回復期、再発予防期という3つの段階を踏んで行われています。

症状が改善されてきた、周りの目から見ても調子が良くなってきたと感じるのは回復期です。

しかし、焦らずに再発予防期までしっかり治療を続けることが大切です。

急性期とは?

急にうつ病を発症するという意味ではなく、うつ病と診断されてから治療を始め、症状が少し良くなってきた期間のことをいいます。

一般的には、しっかり休養をとることと薬物療法が行われています。

個人差はありますが、通常3か月程度です。

長い人になると症状が少しよくなるのまでにも約半年かかることもあります。

ですが、薬の効く、効かないにも個人差があるので、焦らずに医師の指示に従って治療を続けることが大切です。

回復期とは?

調子が徐々に回復していく期間のことです。

ただ、調子が良い日が続くこともあれば、翌日は調子が悪いということもしょっちゅうあるのがこの期間です。

このような波をクリアえしながら、徐々に調子が良い日の期間を増やしていきます。

そのため、症状が安定してきたからといって勝手にお薬を飲まなくなったり、通院をやめてしまうと症状がぶり返してしまいます。

そうすると、始めから治療がやり直しということになり余計に時間がかかってしまいます。

回復期といっても、入院治療、休職している人が社会復帰するにはまだ早い段階です。

家事などは少しずつ取組むようにしましょう。目安は4~6か月以上です。

再発予防期

回復期が過ぎて、医師の判断があれば社会復帰が可能となります。

しかし、これで治療が終わったわけではありません。

うつ病は再発しやすく、特になりやすい性格をもった人やストレスの元凶となった職場、環境に戻った人は再発率も高まります。

そのため、薬の投与を続けながら様子を見るのが再発予防期です。

この期間は1~2年間あります。

早くに薬を辞めてしまうと、気分の落ち込みやめまい、吐き気、倦怠感を引き起こすことがあります。

薬を辞めるにしても、徐々に減らしていくことになるため、必ず医師の指示に従うようにしましょう。

70%は1年以内に回復

うつ病の症状は、約1年以内に70%は回復すると言われています。

しかし、残りの30%は、気分のムラや調子が悪い日もあるということです。

早く治療を終わらせたいという気持ちではなく、焦らずゆっくり、のんびりとした気持ちをもって治療するようにしましょう。




このページの先頭へ