いびきを治療したい場合どんな病院を選べばいいの?

いびきは、病院で治療できます。

また、いびきは自分では自覚しにくいものですが、実はその裏には何らかの病気が隠れていることが多くあります。

その代表的なものが、睡眠時無呼吸症候群です。

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている時に気道が狭くなる、または気道が塞がって呼吸が止まってしまう状態のことを言います。

日常的にいびきをかいているということは、少なくとも気道が狭くなっているということであり、正常な状態とは言えません。

「なぜ、いびきをかいてしまうのか?」その原因を突き止めるためにも、まずは、病院で受診することが大切です。

そして、原因が分かれば、いびきの防止、いびきの改善をするための適切な方法が見つかるはずです。

治療するなら耳鼻咽喉科または睡眠時無呼吸症候群の治療を専門的に行っている所

いびきの原因は、のどと鼻が主になっています。

そのため、いびきは耳鼻咽喉科で治療をしてもらえます。

耳鼻咽喉科で、睡眠時無呼吸症候群と判断された場合には、さらに、専門的な病院を紹介してもらうことも可能です。

また、すでに家族や知人から、「寝ている時に大きないびきをかいたり、呼吸が止まっていることがある」と指摘されていれば、始めから睡眠時無呼吸症候群の治療を行っている専門的な病院を受診するのがいいでしょう。

最近では、睡眠時無呼吸症候群外来やいびき外来を設けている病院がたくさんあります。

どんな治療を行っているのか確認する

いびき外来や睡眠時無呼吸症候群外来を設けている病院は、ホームページを持っているところが多く、事前にインターネットを使ってどんな治療を行っているかを確認することができます。

調べてみると、病院によっては、簡易検査は行なっていても、精密検査は行っていないところや、治療はCPAP療法のみしか行っていないというところも多くあります。

いびきの治療にはCPAP療法以外にも、マウスピース療法、外科手術、レーザー手術などがあり、治療選択の幅が広い病院を選んだ方が、ご自身の症状の具合にあったベストな治療が受けられます。

また、ご自身に合ったマウスピースを作製してもらいたい時には、ほとんどの場合、紹介状を持って歯医者さんに行く必要があるので、その病院に連携している歯科医院があるかどうか、ということも病院選びのポイントとなります。

通いやすい距離にあるか?

いびきの治療を受ける人の多くが、睡眠時無呼吸症候群を発症しているのですが、その場合の一般的な治療方法はCPAP療法となります。

そして、もし、CPAP療法を受けることになれば、月に1回の通院が必ず必要になってきます。

ですので、その病院がご自身の自宅から通いやすい距離にあるかどうか、ということも重要です。

基礎疾患がある人は主治医に相談

睡眠時無呼吸症候群は、高血圧や糖尿病などの合併症を発症しやすく、先にそれらの基礎疾患の治療で、既に病院に通院している人も多くいらっしゃると思います。

その場合は、まずは、その病院の主治医に、睡眠時無呼吸症候群について相談しましょう。

うつなどの精神疾患で通院している人も同様です。

なぜなら、その病院で処方されている薬によって、いびきや無呼吸が誘発されていることもあり、正しく原因を突きとめるためには、ご自身の体調全般についてよく知っている主治医に相談するのがベストだからです。

また、場合によっては、睡眠時無呼吸症候群の治療を進めていくことで、同時に基礎疾患の方も改善されていくケースもあります。

 

以上でご紹介したポイントを総合的に判断して、ご自分に合った病院を選びをしましょう。




このページの先頭へ